スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの未来、スコットランドの未来

昨日、スコットランドがイギリスから独立するかどうかの住民投票が行われ、接戦の末独立が否決されました。
日本の報道では、「本当の敗者はキャメロン首相か?」のようなことも言われていましたが、果たしてどうなのでしょうか。
実際のところ、彼は大きなミスを犯してしまいました。それは、スコットランド独立を阻止すべく「自治権を大幅な拡大」を約束したことです。
キャメロン首相は、当初スコットランド独立賛成派は所詮少数、とたかをくくっていました。事実、少数でしたので、ある意味これは仕方のないことだったかもしれません。しかし、スコットランド行政府が打ち出した「核施設放棄」に大勢の住民が賛同しました。ここに、首相の誤算が生まれたのです。
核保有国であるイギリスは、これまで日本で東電が地方に原発を押し付けてきたのと同様にスコットランドに核施設を押し付けてきました。もし、スコットランドが独立して各施設を放棄すれば、施設廃止かイングランドに渡すことになります。誰だって隣に核施設があるなんて嫌に決まっているのです。イングランドだって当然同じです。だからスコットランドに押し付けてきたのです。それがイングランドに持ってくるとなれば当然反対運動が起こります。そうなれば「核保有国」という状況は大きく揺らぐことになってしまいます。さらに、イギリスからスコットランドが独立すれば、国土が大幅に減るどころかおよそ9割がスコットランドの沖合いにある北海油田も失ってしまうのです。国土について言えば、スコットランド以外がイングランドと言うわけではなくウェールズ、北アイルランドとがありますので、スコットランドが独立すれば当然大きく影響を受けますし国力もずっと下がってしまいます。

今回の投票では、結果として独立反対派が勝利し分裂は回避されました。
しかし、キャメロン首相の「自治権拡大」という約束は残っています。もしも、その自治権拡大を利用してやはり核施設の放棄を強く掲げたら・・・・・
キャメロン首相の手腕が問われますね。



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 教育ブログへ

なぜ少子化がいけないのか?

いつの頃からか、日本は「高齢化」が問題となりそこに「少子化」が問題として加わったことで『少子高齢化』という造語が生まれました。

今、日本の人口は少子化も相まって自然減の時期(人口の推移→こちら(統計局)へ)に入っています。そしてそれに反して高齢化だけが進行している。
このことから少子化を食い止めなくてはいけない、という考えに行き着いたわけですが・・・・

以前から言われていることですが、日本の人口(2014年8月現在 1億2713万人)はその面積に対して多いです。例えば同じくらいの国土を有するドイツの人口は約8000万人。戦争等人為的原因による人口減であれば実に嘆かわしいことですが、自然減ならそれは日本にとって本来あるべき姿に戻りつつあるということになります。
なのに、なぜ少子化が問題なのか?
その答えは簡単です。
老齢年金を削れないから。
今、年金を受給している世代は、平均寿命が圧倒的に伸びたこともあり納付してきた金額よりも受給額が上回っています。しかし、投票率が高い世代もそこに重なっているのですから、万が一にも年金額を(大幅に)減らすなどということは口が裂けても言えないでしょう。

出生率の低さに反して、日本は世界でもトップクラスの乳児死亡率の低さを誇っています。そして、以前は高齢出産と言われた年齢の方々も最近ではめずらしくなくなり、また第一子の出産年齢も高くなっています。
そうした様々な状況が現在の少子化につながっているのであり、これからすべきことは戦時中のような「産めよ増やせよ」ではなく、今生まれる、これから生まれてくる子どもたちをいかに大切に・無事に育てていくか、立派な大人にするか、ということに尽きると思います。

しかし残念ながら、今後何度年金制度を改革したところで、老齢年金に手をつけられない以上少子化は問題化され続けるでしょう。



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 教育ブログへ

自国への理解・意見を持つこと

今、シリアで拘束されている邦人男性の安否が気遣われています。
この報道を聞いた当初は、身代金目的では?関係国への見せしめか?等思っておりましたが、その後の情報から考えるとおそらく捕虜になってしまったということなのでしょう。

皆さんはこの報道を受けてどのように思いましたか?
「危険なところと分かっている場所へ行っているのだから自業自得」と思った人も少なくないのではないのでしょうか。
たしかにその通りです。
しかし、これが他国なら、たとえそうであっても軍を挙げてでも救出しようとします。
「自業自得だから仕方ない」と他人事と済ませてしまうのは日本人の象徴的な国民性だと思います。

1954年、アメリカが行ったビキニ環礁での水爆実験「キャッスル作戦」に巻き込まれたマグロ漁船「第五福竜丸」の事件。アメリカは漁船がいることを承知の上で実行しました。その後、静岡県では反米運動が起こったものの、その後は子ども達に語り継いでいるわけでも反米感情が高まっているわけでもありません。
この事件を含めて日本人は3回被爆しているのです。しかし、某テレビのアナウンサーはアメリカ人へのインタビューで「日本人はアメリカが大好きなのですが・・・」と日本人の気持ちを堂々と代弁しておりました。
実際、大好きな人は多いのかもしれませんが、戦中戦後好きなようにされて今もなお様々な問題が突きつけられているのに、そういったことを全てなかったかのように大好きと公言できるのは日本人くらいではとさえ思ってしまいます。自虐が好きなのでしょうか。

その点、自分たちの国益を考えた上でたとえ(相手にとって)理不尽であってもしっかり自己主張をしている韓国や中国は評価すべきと言えます。それ故に日本との関係がしっくりこないのですが、その違いが竹島問題や尖閣諸島問題にもつながっているのです。また、領土問題はどの国も抱えていることなので、問題を認識した時点でもっと真剣に対応してこなくてはいけませんでした。自分にとって都合よくしか考えてこなかったことのツケが今になってまわってきたとも言えます。
このことはアメリカにも言えることで、例えば機密情報の取り扱いに関しては本当にすごいと思います。たとえ国家にとって不都合な情報でも期日がくればきちんと公開します。隠蔽大好きな日本は多いに見習うべきです。

当然ながら、個人感情としてどの国や国民を好きでも嫌いでも構いません。それをどうこう言うつもりも全くありません。
ただ、日本人はもっと日本に誇りを持つべきだと思うし、自国について・他国についてきちんとした理解と意見を持つべきです。そのために、まずは自国の歴史を表も裏ももしっかり学ぶところから、ですかね。



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 教育ブログへ

七五三を祝う意味

まだまだ夏真っ盛りですが、そろそろ周囲では七五三の話を聞くようになりました。
本来、七五三は
 3歳→髪置の祝い・・・生まれてすぐに剃っていた髪の毛を伸ばす
 5歳→着袴の祝い・・・それまでは女の子と変わらずに着物だけだったところに袴をはくことで「男」としての道を歩み始める
 7歳→帯解きの祝い・・・それまで着物につけていた紐をはずして帯を締める
という意味を持ちます。
「3歳になるから」「5歳になるから」と年齢だけで流れ作業的に祝うだけで、実はしっかりその意味を意識している人はそれほど多くないような気がします。

しかし、よくよく考えてみるとこれらのお祝いの意味は全て後付けであることが分かります。
なぜなら、昔は子どもの死亡率が非常に高く、江戸時代末期になってようやく産後の生存率は5割程度だったからです。逆に言えばそれまでは2人に1人以上が生まれても大人まで育っていなかったということになります。
生活が貧しく母親の栄養も満足ではない状態で、その上出産ギリギリまで働いていた時代が長かったのですから、子どもが無事に産まれてくること自体が難しいものでした。そのため、まずは子どもが3歳まで無事に育ってくれたことでひとまず山は越えたと感謝をする。しかし男児は女児に比べて死亡率が高かったことから男児は5歳を1つの節目とする。しかし、子だくさんの時代は3歳や5歳まで育ってくれたけれどその後死亡してしまう経験を重ねる人も多かったことでしょう。そうなると今度は7歳まで育ってくれればさすがにそこからは無事に育ってくれるだろう、ということで7歳を目安に無事に育ってくれたことを感謝することになった。
ただしこれらはあくまで庶民の話です。
調べてみると、行事(儀式)自体は中世からあったようですが、それぞれの時代で行事をしていたのはもちろん公家や武家だけであり、庶民にはないものです。一般には江戸時代中期に呉服屋がこれらの行事を商業政策として広めたようです。
少なくとも現代を生きる私は庶民で、十中八九先祖も庶民です。子どもが産まれるたびに無事に育ってくれることを必死で祈り、家族として人数に数えられる子どもがいることに日々感謝していたことでしょう。そう考えると、その家族によって祝うタイミングはまちまちだったのではないでしょうか。
このような背景を考えると、お祝いは年齢にこだわらずその子の成長に合わせたものであって良いものですし、女児は2回、男児は1回、ではなくてそれぞれ1回ずつで十分だと言えます。

最近では女兄弟のいる男の子の場合「お姉ちゃん(あるいは妹)に比べてお祝いが1回しかないのは不公平でかわいそうだから」と全ての年齢で祝う人もいるとか。
誰がどのタイミングで何回祝うのかはそれぞれ自由です。しかし、年齢や回数だけでお祝いをするのでは「行事ありき」となってしまい本末転倒になってしまいます。
今の日本は世界トップクラスの出産後の死亡率の低さを誇っており、その一方で子どもの躾け・教育・関係がうまくいっていない親子(親本人が気づいていないケースも多い)が増えています。
せっかく子どもの成長を祝うのだから、年齢だけでその準備をするのではなくその意味を知り背景を自分なりに考え、いかに子どもの成長がありがたいものなのかということに気づけば、その後の教育や子どもとの距離のとり方等も自然にうまくいくようになるのではないでしょうか。
親にとって、子育てについてじっくり考える良い機会だと思います。



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 教育ブログへ

うざい大人がいなくなった結果

先日、長崎の原爆で被爆し語り部として活動している70代の男性に対し、横浜市立中学校からの修学旅行生のうち男子生徒5人から、「死に損ない」などと暴言を吐かれ、校長から謝罪をされたということがありました。

この文章だけ読めば、まあ最近ではある意味ありがちなケースともとれますが、実際には学校の対応はかなりひどいものでした。
まず、この男性はいくつかに分かれたグループのひとつを担当していたわけですが、あまりにもこのグループの生徒たちがうるさくてとても話せる状況ではなかったため近くにいた教師に静かにさせてほしいと依頼したところ「まあ、そのまま話してもらってかまいませんから」と言われ、仕方なく話し始めました。しかし、やはりとても話せるものではなく、少し離れたところにいた担任と思われる教師に改めて依頼したところ今度は完全無視。
こういった状況に対して校長に連絡をいれたところ「ああそれはすみませんでしたねえ」といったいかにも適当な謝罪。そこで、やむなく新聞社(?)へこういったことがあったと連絡したそうです。
学校側も、こうして公にされてしまったことで(仕方なく?)改めて謝罪という経緯に至ったようです。

誤解をおそれず言えば、そこまでするこの男性を正直“うざい”と思う人も多いでしょう。
しかし、本来なら親や教師こそが子どもにとってはうざい存在なのです。
いちいち声をかけられ心配され、「放っておいてくれ」と日々子どもは思っていても、それがいつものことであれば今回のような状況になっても中学生はこの男性の注意をむかついたりしなかったのではないでしょうか。

このケースから透けて見えるのは、校長と教師の普段の生徒への対応です。
おそらくどんなにうるさくても無視して授業をし、問題を起こす生徒には「あと1年だから」と事なかれ主義を通す。

教師は生徒に嫌われる存在で当然なのです。
それが今の教師には分からないのでしょうか。

そして、そういった“うざい”大人がいなくなった弊害が今回のケースということです。
ひょっとすると、このような状況がいじめの内容のエスカレートにもつながっているのかもしれません。



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 教育ブログへ
プロフィール

山村福ノ助

Author:山村福ノ助
社会福祉士・精神保健福祉士有資格。現場から少し離れたことによっていろいろなことが見えてきました。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
ワンクリック、ご協力ください。
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへ
ご訪問ありがとうございます。
現在お越しいただいている方。
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
ごゆっくりどうぞ・・・
リンク
ブロとも一覧

異文化に恋してる
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。