スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰もが日本の代表であるということ

昨日、アジア大会男子平泳ぎの冨田尚弥(元)選手が競泳会場で韓国メディアのカメラを盗んだという事件の報道に、本当に驚きました。「魔が差した」とのことですが、私には全く意味が分かりません。唯一理由として考えたのは、彼が在日で身体を張って日本を馬鹿にしたのか、ということですがあまり現実味がないですね。

日本のことわざに『旅の恥はかき捨て』という実にレベルの低いというか日本国民の民度を下げることわざがあります。
なぜこのようなことわざが存在するのか分かりませんが、日本人は日本から一歩出ればその人は皆日本人の代表であるということを、もっと意識すべきです。
たった一人の行為が日本人全てのイメージを作ってしまうのです。

高度経済成長期に農協がヨーロッパ旅行で礼儀もルールも守らない行為で各地に迷惑をかけ、それ以来日本人といえば「ノーキョー」と言われた時代がありました。イコール礼儀がないということです。
また、日本人の若者が文化遺産に落書きをすれば十把一絡げで「日本人はなんてレベルが低いんだ」と言われてしまうのです。
日本の代表は政治家やオリンピック等スポーツ選手だけではないということに、どれだけの人が気づいているのでしょうか。

日本人はあまりにも他国での自分の行為に責任を持たなさすぎます。
それは私たち自身も、例えば同じ出身国の人が事件や事故を繰り返せば「ああ、あの国の人ならやりそうだよね」と思ったことがあるはずで、それと全く同じことを他国では思われているということなのです。

つまり、今回の事件では、たった一人の行為のために韓国のみならず世界中にスポーツ選手のレベルが低いと思われ、恥をさらし、それが全て日本人のイメージとなったわけです。
これを払拭するのはかなり難しいと思います。まして相手は韓国です。今後も何かに付けて執拗に繰り返し蒸し返してくるでしょう。
今、私たちに出来ることは前述の通り、自分の行動にもっと責任をもつこと、そして何より日本から一歩でも出たら自分は日本の代表だという意識を強く持つことだと思います。



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 教育ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山村福ノ助

Author:山村福ノ助
社会福祉士・精神保健福祉士有資格。現場から少し離れたことによっていろいろなことが見えてきました。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
ワンクリック、ご協力ください。
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへ
ご訪問ありがとうございます。
現在お越しいただいている方。
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
ごゆっくりどうぞ・・・
リンク
ブロとも一覧

異文化に恋してる
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。