スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会福祉の歴史に欠かせなかった人物

先日、イギリスのサッチャー元首相が亡くなりました。

社会福祉の歴史を学ぶ上で、イギリスは欠かすことのできない国です。
何しろ、戦後の先進国のほとんどが、イギリスの「ゆりかごから墓場まで」という社会保障政策を大なり小なり参考にしたのですから。
そして、その政策に(新聞記事の言葉を借りると)大鉈を振るったのが彼女でした。イギリスにおける社会福祉の歴史を学ぶ上では必ず出てくる人物です。
「鉄の女」などと揶揄されることもある彼女ですが、国民全てを敵に回しかねない決断をしたという点で、ものすごい人物だったと思います。

今の日本でも、必要と分かっていながらも次の選挙のことを考えて踏み出せなかったり、あるいは他の政権にまわしたりしていること、多いですよね。
国民が嫌がることがわかっていることを実行するのは本当に難しいことです。増税やTPPが良い例です。
それでも、それが国にとって本当に必要なら断行しなくてはいけません。
ただ、その説明を良い面も悪い面も隠さずにきちんとできる政治家や評論家が少なくて、非常に残念です。



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
プロフィール

山村福ノ助

Author:山村福ノ助
社会福祉士・精神保健福祉士有資格。現場から少し離れたことによっていろいろなことが見えてきました。

最新記事
カテゴリ
フリーエリア
ワンクリック、ご協力ください。
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 その他生活ブログへ
ご訪問ありがとうございます。
現在お越しいただいている方。
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計
ごゆっくりどうぞ・・・
リンク
ブロとも一覧

異文化に恋してる
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。